出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 物の表面をなめらかに移動する。「スキーで急斜面を―・りおりる」「船が川面を―・るように下っていく」「戸がよく―・る」

  1. 表面がなめらかで地面に接するものが安定を失って自然に動いてしまう。スリップする。「凍結して路面が―・る」「足が―・る」「―・って転ぶ」

  1. つかもうとした物が、支えられないで手をすり抜ける。「茶碗が―・って落ちる」

  1. ある地位を保てなくなる。「委員長の座を―・る」

  1. 調子に乗ったまま、事が望ましくないところにまで至る。余計なことを言ったり書いたりしてしまう。「口が―・る」「筆が―・る」

  1. 試験に失敗する。落第する。不合格になる。「大学を―・る」

  1. 俗に、面白いことをしゃべろうとして失敗する。冗談・ギャグが受けない状態をいう。「話が―・る」

  1. そっと位置を移動する。ひそかに退席する。

    1. 「嫻雅 (しとや) かに座を―・った」〈魯庵社会百面相

  1. (天皇の)位を譲る。退位する。

    1. 「位を―・らせ給ひて、新院とぞ申しける」〈平家・一〉

[補説]「辷」は国字。
[可能]すべれる