出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]《「いた(痛)きけ(気)」の音変化で、心が痛むくらいいじらしいさまをいう》
  1. 子供などの痛々しく、いじらしいさま。「幼気な遺児」

  1. 幼くてかわいいさま。「幼気な女の子」

  1. 小さくてかわいらしいさま。いとけない。

    1. 「―な撫子 (なでしこ) が処々に咲いた」〈啄木・鳥影〉