出典:デジタル大辞泉(小学館)

すみ(隅)のこと。多く地名の「須磨」にかけて用いる。

「播磨路や心の―に関据ゑていかで我身の恋を留めん」〈山家集・中〉