出典:デジタル大辞泉(小学館)

《動詞「すま(争)う」の連用形から》

  1. すもう。また、すもうをとること。 秋》

    1. 「当麻蹶速 (たいまのけはや) と野見宿禰 (のみのすくね) とに―とらしむ」〈垂仁紀〉

  1. 相撲 (すまい) の節 (せち) 」の略。

    1. 「―のをり、内、春宮のおはしませば」〈大鏡・兼家〉

  1. 相撲取 (すまいと) り」「相撲人 (すまいびと) 」の略。

    1. 「―の負けてゐる後ろ手」〈・一二五〉