出典:デジタル大辞泉(小学館)

ふたと身の口縁から四隅にかけて朱漆を塗り、他の部分は黒漆塗りにして蒔絵 (まきえ) などを施した箱。大小各種あり、婦人の身の回りの品を収めるのに用いられた。