すみ‐こ・む【住(み)込む】例文一覧 1件

  1. ・・・酒井様へ小使に住み込む時、勝負事で識合になっていた紀州の亀蔵と云う奴の名を、口から出任せに言ったのです。この外に言うことはありません。どうぞ御存分になすって下さい。」「好く言った」と九郎右衛門は答えた。そしてりよと文吉とに目ぐわせして虎・・・<森鴎外「護持院原の敵討」青空文庫>