出典:デジタル大辞泉(小学館)

袋形で、かぶると耳の上で角状になり、後ろに錏 (しころ) のような垂れのある頭巾。寛永(1624~1644)のころ、老人・医者・僧などが用いた。つのずきん。しころずきん。かくずきん。