すみ‐ぞめ【墨染(め)】例文一覧 7件

  1. ・・・そこへ当時の内蔵助の風俗が、墨染の法衣姿で、あの祇園の桜がちる中を、浮さま浮さまとそやされながら、酔って歩くと云うのでございましょう。里げしきの唄が流行ったり、内蔵助の濫行も名高くなったりしたのは、少しも無理はございません。何しろ夕霧と云い・・・<芥川竜之介「或日の大石内蔵助」青空文庫>
  2. ・・・が、余りに憧るる煩悩は、かえって行澄ましたもののごとく、容も心も涼しそうで、紺絣さえ松葉の散った墨染の法衣に見える。 時に、吸ったのが悪いように、煙を手で払って、叺の煙草入を懐中へ蔵うと、静に身を起して立ったのは――更めて松の幹にも凭懸・・・<泉鏡花「瓜の涙」青空文庫>
  3. ・・・清水の雫かつ迫り、藍縞の袷の袖も、森林の陰に墨染して、襟はおのずから寒かった。――「加州家の御先祖が、今の武生の城にござらしった時から、斧入れずでの。どういうものか、はい、御維新前まで、越前の中で、此処一山は、加賀領でござったよ――お前様、・・・<泉鏡花「栃の実」青空文庫>
  4. ・・・坊主であろう。墨染の麻の法衣の破れ破れな形で、鬱金ももう鼠に汚れた布に――すぐ、分ったが、――三味線を一挺、盲目の琵琶背負に背負っている、漂泊う門附の類であろう。 何をか働く。人目を避けて、蹲って、虱を捻るか、瘡を掻くか、弁当を使うとも・・・<泉鏡花「伯爵の釵」青空文庫>
  5. ・・・たかが墨染にて候だよ。」「墨染でも、喜撰でも、所作舞台ではありません、よごれますわ。」「どうも、これは。きれいなその手巾で。」「散っているもみじの方が、きれいです、払っては澄まないような、こんな手巾。」「何色というんだい。お・・・<泉鏡花「縷紅新草」青空文庫>
  6. ・・・は悪紙に描きなぐった泥画であるゆえ、田舎のお大尽や成金やお大名の座敷の床の間を飾るには不向きであるが、悪紙悪墨の中に燦めく奔放無礙の稀有の健腕が金屏風や錦襴表装のピカピカ光った画を睥睨威圧するは、丁度墨染の麻の衣の禅匠が役者のような緋の衣の・・・<内田魯庵「淡島椿岳」青空文庫>
  7. ・・・仏法などは無相の相といって、どんな形にでも変転することができる。墨染の衣にでも、花嫁の振袖にでも、イヴニングドレスにでも、信仰の心を包むことは自由である。草の庵でも、コンクリート建築の築地本願寺でも、アパートの三階でも信仰の身をおくことは随・・・<倉田百三「女性の諸問題」青空文庫>