出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌舞伎狂言。世話物。4幕。奈河七五三助 (なかわしめすけ) 作。天明4年(1784)大坂角の芝居初演。破戒僧法界坊のこっけいな小悪党ぶりを描く。終幕は常磐津 (ときわず) 舞踊「双面 (ふたおもて) 」として独立。通称「法界坊」。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉