出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 水の上に字や絵をかく方法。小豆の粉、黄柏 (おうはく) 、明礬 (みょうばん) を麻布で包んで水で湿らせ、それを浸した紙に墨で字や絵をかいて水に浮かべ、細い竹ぐしで紙を下に突くと字や絵が水面に浮かび残る。

  1. 墨流し染め」の略。

  1. (「墨流蝶」とも書く)タテハチョウ科のチョウ。翅 (はね) の開張約6.5センチ。翅は緑がかった黒色の地に白色の斑点が散在し、墨を流したような感じがある。樹液に集まる。本州以南に分布。

出典:青空文庫

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生物/動物名]カテゴリの言葉