出典:デジタル大辞泉(小学館)

水面に墨汁または顔料を落とし、その波紋の模様を紙や布に写しとる染め方。また、その製品。古くから料紙に用いられ、江戸時代には布帛 (ふはく) にも応用されるようになった。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉