出典:デジタル大辞泉(小学館)

大阪市の南西部、住吉区・住之江区あたり一帯の地名。古くは「すみのえ」と称されたが、平安初期以降「すみよし」とも読まれるようになったもの。
大阪市南部の区名。昭和18年(1943)阿倍野・東住吉を分区し、同49年住之江を分区した。住宅地。臨海工業地帯。住吉大社などがある。
住吉大社」の略。
箏曲 (そうきょく) 。寛政12年(1800)以前に山田検校が作曲。住吉大社参詣を主題としたもの。