出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 水や空気などに濁りがなくなり、透きとおった状態になる。「池の底まで―・んで見える」「―・んだ高原の空気」⇔濁る

  1. 光や色などに曇りがなく、はっきり見える。「明るく―・んだ月」「―・んだ目」「―・んだ水色」

  1. 音がさえてよく響く。「―・んだ声」⇔濁る

  1. 心配や邪念がなく、心がすっきりしている。「―・んだ心で人とつきあう」

  1. 清音に発音する。「『輝く』は、古くは『かかやく』と―・んで発音した」⇔濁る

  1. 雑音がおさまって静かになる。

    1. 「家も―・みて人も無かりければ」〈今昔・三〇・四〉

  1. すましこむ。気取る。

    1. 「舟の楫 (かぢ) 取りたる男 (をのこ) ども…うそぶいて見回し、いといみじう―・みたるさまなり」〈更級

  1. 上品で落ち着いている。地味な感じがする。

    1. 「薄鈍色の綾、中には萱草 (くわんざう) など―・みたる色を着て」〈・手習〉

  1. 物事の筋道がはっきりする。道理が明らかになる。

    1. 「理が―・マヌコトヂャ」〈日葡

[動マ下二]
  1. 濁りをなくしてきれいにする。

    1. 「心ヲ―・メテ世ノ塵 (ちり) ニ汚サレザル人」〈ロドリゲス日本大文典

  1. 道理を明らかにする。

    1. 「理ヲ―・ムル」〈日葡

出典:青空文庫