出典:デジタル大辞泉

[動ヤ下二]《「す(据)える」が中世以降ヤ行に転じて用いられた語。終止形は「据ゆる」となる例が多い》「据える」に同じ。
  • 「高く大きに盛りたる物ども、持て来つつ―・ゆめり」〈宇治拾遺・九〉