出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副助]名詞、活用語の連体形、副詞、助詞などに付く。
  1. 極端な事を例としてあげ、他を類推させる意を表す。さえ。でも。…でさえ。「子供ですら計算できる」「手紙すら満足に書けない」

    1. 「言 (こと) 問はぬ木―妹 (いも) と兄 (せ) とありといふをただ独り子にあるが苦しさ」〈・一〇〇七〉

  1. 「すら」を伴う語からは、ふつう、考えられない、またはあってはならないようなことが起こる意を表す。でも。…なのに。

    1. 「しなざかる越を治めに出でて来しますら我―世の中の常しなければうちなびき床に臥 (こ) い伏し痛けくの日に異に増せば」〈・三九六九〉

[補説]「すら」は上代に多く用いられ、中古以降は主に歌や漢文訓読文に使われる程度にすぎず、「だに」さらには「さへ」にとって代わられた。中古の末ごろには「そら」という形も用いられている。なお、現代語では「さえ」と同じように使用されるが、「さえ」のほうが一般的で、「すら」の使用は少ない。