すり‐ごろも【×摺り衣】 の意味

  1. ヤマアイツキクサなどの汁をすりつけ、いろいろの模様を染め出した衣。すりぎぬ。
    • 「―着 (け) りと夢 (いめ) に見つ現 (うつつ) にはいづれの人の言 (こと) か繁けむ」〈・二六二一〉