出典:デジタル大辞泉(小学館)

白絹に染め草の汁をすりつけ、模様を染め出した裳。平安時代、女子の晴れ着とした。