出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ずい」の音変化》物事の中心。まんなか。

「虎の―にさし当て」〈浄・反魂香