出典:デジタル大辞泉(小学館)

《タイの窯場の名スワンカロークから》タイ国で14世紀以降焼かれた陶器。桃山時代から江戸初期にかけて日本に舶載され、茶人が香合として珍重した。のち、タイ産の陶磁器の総称ともなった。

[補説]「宋胡録」「寸古録」とも書く。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉