出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 他に比べて、量・質・程度などの違いがはなはだしいさま。ずっと。ぐんと。「去年よりもずんと背が伸びた」

    1. 「それよりも―好いは」〈一葉たけくらべ

  1. 動作を勢いよくすばやくするさま。

    1. 「こう引立って居て―下すから」〈円朝真景累ヶ淵

  1. 下にくる語の意味を強調する気持ちを表す。ずんど。

    1. ㋐すっかり。まったく。

      「後来 (のちのち) の迷惑―承知」〈紅葉・不言不語〉

    2. ㋑(下に打消しの語を伴って)ちっとも。全然。

      「その鉄道なるものが、僕の頭には―はっきりしなかったのである」〈蘆花思出の記

出典:青空文庫