出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 五十音図サ行の第4音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[e]とから成る音節。[se]

  1. 平仮名「せ」は「世」の行書体から。片仮名「セ」も「世」の行書体からの変形。

[補説]「せ」は古く[tse](あるいは[ʃe][tʃe])であったかともいわれる。室町時代末には[ʃe]であったが、東国語では[se]と発音され、近世以降次第に[se]と発音されるようになった。