出典:デジタル大辞泉(小学館)

せまいこと。「…も狭に」の形で用いられる。

「山も―に咲けるあしびの悪しからぬ君をいつしか行きてはや見む」〈・一四二八〉