出典:デジタル大辞泉(小学館)

この世に生まれ出たときが、必ずやってくる死への道の始まりである。