出典:デジタル大辞泉(小学館)

田山花袋自然主義的な小説。明治41年(1908)発表。小市民家庭の老母の死の前後を中心に、その子供たちの生活と相克する感情を描いた自伝的小説。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉