出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 無意味なこと。くだらないこと。

    1. 「―のみ思ひ続けられて」〈有明の別・二〉

  1. みだらなこと。

    1. 「恋の部とて五巻まで多かるは、―のつつしみなきなり」〈読・春雨・海賊〉

  1. 根拠のないこと。

    1. 「男は胸に知恵なくして心に知恵深しと云ふは、―なり」〈仮・夫婦宗論〉