せい‐か〔‐クワ〕【正貨】例文一覧 1件

  1. ・・・らんなれども、幸にして明治政府には専制の君主なく、政権は維新功臣の手に在りて、その主義とするところ、すべて文明国の顰に傚い、一切万事寛大を主として、この敵方の人物を擯斥せざるのみか、一時の奇貨も永日の正貨に変化し、旧幕府の旧風を脱して新政府・・・<福沢諭吉「瘠我慢の説」青空文庫>