出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治初期の対朝鮮強硬論。特に、明治6年(1873)西郷隆盛板垣退助らによって排日・鎖国下の朝鮮に出兵しようとした主張をさす。内治優先を唱える岩倉具視木戸孝允大久保利通らの反対で西郷らは官を辞して下野。→明治六年の政変