出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 学問や事業などを成し遂げること。

    1. 「最早学問も―したるが故に」〈福沢学問のすゝめ

  1. 奈良・平安時代、官吏登用の課程を踏み、秀才進士明経 (みょうぎょう) 明法 (みょうぼう) などの試験に合格し、官職任用の資格を得ること。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉