せい‐きょく【政局】例文一覧 1件

  1. ・・・俊子は、当時の進歩的な人々のものの考えかたに従って男女平等論や一夫一婦論や女子教育論、あるいは政局批判に熱弁をふるったわけであったが、彼女の政治的見解というものははたしてどこまで深くその身についていただろうか。 年齢が若かったというばか・・・<宮本百合子「女性の歴史の七十四年」青空文庫>