• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いだ‐てん〔ヰダ‐〕【韋駄天】 の意味

  1. (梵)Skandaの音写。塞建陀・建陀の「建」を「韋」に誤ったものか》増長天の八大将軍の一。仏法の守護神。もとバラモン教の神で、シバまたはアグニ神の子。俗説に、仏舎利 (ぶっしゃり) を盗んだ捷疾鬼 (しょうしつき) を追いかけて取り返したというので、足の速い神とされ、足の速い人のたとえにされる。

いだ‐てん〔ヰダ‐〕【韋駄天】の慣用句

  1. いだてんたいふう【韋駄天台風】
    • 進行方向を変えず、速い速度で進む台風。
  1. いだてんばしり【韋駄天走り】
    • 非常に速く走ること。「韋駄天走りに逃げ出す」