正鵠(せいこく)を◦射る の意味

  1. 物事の急所を正確につく。正鵠を得る。「―◦射た指摘」