せい‐し【聖旨】 の意味

  1. 天子の考え。また、天子の命令。
  • 名詞
  • せい‐し【聖旨】の例文

    出典:青空文庫

    • 聖旨も此にあるかと恐察し奉る次第である。

      西田幾多郎「世界新秩序の原理」

    • ・・・との聖旨を奉戴しなかったことに基づく。

      和辻哲郎「蝸牛の角」