出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代から江戸初期にかけて盛んに行われた、死者の追善供養のために建てた平たい石の卒塔婆 (そとば) 。最上部を三角形に作り、その下に深彫りの横線を入れ、仏像・梵字 (ぼんじ) 、年月日・名前などを刻む。関東に多く、秩父青石で作ったものを青石塔婆という。

出典:青空文庫