出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の通称》精神障害者の医療・保護、社会復帰の促進、自立への援助、発生の予防などを行い、福祉の増進と国民の精神的健康の向上を図ることを目的とする法律。昭和25年(1950)精神衛生法として制定され、昭和62年(1987)の改正時に精神保健法と改称。平成7年(1995)の改正で現在の名称に改められた。