せい‐ず〔‐ヅ〕【星図】例文一覧 1件

  1. ・・・と云いながら、自分で星図を指しました。「このぼんやりと白い銀河を大きないい望遠鏡で見ますと、もうたくさんの小さな星に見えるのです。ジョバンニさんそうでしょう。」 ジョバンニはまっ赤になってうなずきました。けれどもいつかジョバンニの眼・・・<宮沢賢治「銀河鉄道の夜」青空文庫>