出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「春秋左伝」荘公六年から。「噬」はかむ、「臍」はへその意》取り返しのつかないことを後悔すること。ほぞをかむこと。

「十年を待たずして必ず―の悔あらん」〈露伴運命