出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 腰掛けなどの、人の背が当たる部分に取り付けられた板。また、戸棚や本棚などの、背面に取り付けられた板。

  1. 材木から角材や板をとった残りの、片面に丸みのある板。

  1. 背負 (しょ) い子」に同じ。

  1. 鎧 (よろい) の腹巻 (はらまき) の背中の引き合わせのすきまをふさぐために当てるもの。臆病板 (おくびょういた) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉