せい‐だい【正大】例文一覧 1件

  1. ・・・資性正大にして健剛な日蓮の濁りなき年少の心には、この事実は深き疑団とならずにはいなかったろう。何故に悪が善に勝つかということほど純直な童心をいたましめるものはないからだ。 彼は世界と人倫との究竟の理法と依拠とを求めずにはいられなかった。・・・<倉田百三「学生と先哲」青空文庫>