出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Ceṭakaの音写。息災・福寿の意》八大童子の第八。矜羯羅 (こんがら) とともに不動明王脇士 (きょうじ) 。ふつう像は童形で、頭に五つの髻 (もとどり) を結び、左手に三鈷 (さんこ) 、右手に金剛棒を持つ。制吒迦童子。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉