せいてき‐あんぜん【静的安全】 の意味

  1. 取引の当事者の利益と取引に関与しない第三者の利益とが対立する場合、第三者の利益が保護されること。⇔動的安全