せい‐はん【製版】 の意味

  1. [名](スル)印刷で、原版をつくること。また、原版から印刷版面をつくること。凸版凹版オフセット石版などすべての場合にいう。
  • 名詞
  • せい‐はん【製版】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それに要する作業費が二三千円であるが、地形図の基礎になる三角測量の経費をも入れて勘定すると、一枚分約一万円ぐらいを使わなければならない、そのほかにまだ計算、整理、製図、製版等の作業費を費やすことはもちろんである。

      寺田寅彦「地図をながめて」