出典:デジタル大辞泉(小学館)

《後漢の梁鴻の妻の孟光が食膳を捧げるとき、その高さを眉 (まゆ) と斉 (ひと) しくしたという「後漢書」梁鴻伝の故事から》妻が夫を深く尊敬して仕えること。「斉眉の礼」