せい‐ひん【正賓】例文一覧 1件

  1. ・・・廷珸の知合に黄こうこうせき、名は正賓というものがあった。廷珸と同じ徽州のもので、親類つづきだなどいっていたが、この男はしんしんの間にも遊び、少しは鼎彝書画の類をも蓄え、また少しは眼もあって、本業というのではないが、半黒人で売ったり買ったりも・・・<幸田露伴「骨董」青空文庫>