出典:デジタル大辞泉(小学館)

物語やおとぎ話の最後にいう決まり文句で、「めでたし、めでたし」の意。一期 (いちご) 栄える。市が栄える。