出典:デジタル大辞泉(小学館)

St. Marienkirche》ドイツ北部、シュレースウィヒ‐ホルシュタイン州の都市、リューベックの旧市街にある煉瓦 (れんが) 造りのゴシック様式の教会。1250年から1350年にかけて建造された。世界最大級のパイプオルガンがあることで知られ、17世紀には当時を代表する音楽家ディートリヒ=ブクステフーデが奏者を務めた。旧市街の市庁舎、ホルステン門とともに、1987年「リューベックのハンザ同盟都市」として世界遺産(文化遺産)に登録された。