出典:デジタル大辞泉(小学館)

囲碁で、力量に井目以上の差があるとき、下手 (したて) があらかじめ井目の四隅の石の斜め下にさらに一石ずつつけて置くこと。転じて、碁の初心者であること。井目風鈴付き。→置き碁