出典:デジタル大辞泉(小学館)

Bazylika archikatedralna świetego Jana Chrzciciela》ポーランドの首都ワルシャワ旧市街にある大聖堂。14世紀の創建。ワルシャワ最古の教会の一。19世紀に英国風ネオゴシック様式の建物に改築された。第二次大戦中、ナチス‐ドイツに破壊されたが、戦後、創建当初の姿を描いた絵などに基づいてゴシック様式の外観に復元された。歴代ポーランド王の戴冠式や同国最初の憲法の発布式が行われたことで知られる。1980年、「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録。