ゼーレ【(ドイツ)Seele】例文一覧 1件

  1. ・・・こう云って本を飜しているうちに、巻末に近い Die seele と云う一章が出た。「そこを少し読んで聞かせ給え」と、私は云った。 F君は少し間の悪そうに、低い声で五六行読んだ。声は低いが発音は好い。すらすらと読むのを私は聞いていて、意味・・・<森鴎外「二人の友」青空文庫>