出典:デジタル大辞泉(小学館)

7が原義》

  1. 地球上のすべての地域・国家。「世界はひとつ」「世界をまたにかける」

  1. 自分が認識している人間社会の全体。人の生活する環境。世間。世の中。「新しい世界を開く」「住む世界が違う」

  1. 職業・専門分野、また、世代などの、同類の集まり。「医者の世界」「子供の世界」

  1. ある特定の活動範囲・領域。「学問の世界」「芸能の世界」「勝負の世界」

  1. 歌舞伎浄瑠璃で、戯曲の背景となる特定の時代・人物群の類型。義経記太平記など、民衆に親しみのある歴史的事件が世界とされた。

  1. 自分が自由にできる、ある特定の範囲。「自分の世界に閉じこもる」

  1. (梵)lokadhātuの訳。「世」は過去・現在・未来の3世、「界」は東西南北上下をさす》仏語。

    1. 須弥山 (しゅみせん) を中心とした4州の称。これを単位に三千大千世界を数える。

    2. ㋑一人の仏陀の治める国土。

    3. ㋒宇宙のこと。

  1. このあたり。あたり一帯。

    1. 「―暗がりて」〈竹取

  1. 地方。他郷。

    1. 「―にものし給ふとも、忘れで消息し給へ」〈大和・六四〉

  1. 10 遊里などの遊興の場。

    1. 「京町に何かお―が、おできなすったさうでござりますね」〈洒・通言総籬

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース