出典:デジタル大辞泉(小学館)

二宮尊徳の世界観の根本思想。すべての事物は一つの根源から発生し、分化・発展して現在の無数の姿になっているという考え方。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉